Access to Materials

2013

INTRODUCTION TO MATERIAL COMPUTING

マテリアルコンピューティングへの入門

There is a growing need for converting ideas into working-prototypes for designers, artists and architects. Arduino and Open-source hardwares are not only for electronic geeks and researchers. By adopting the concept of "Material Computing", this book gives you a lot of recipes for projects and helps you redesign traditional craft (for example, painting, calligraphy and knitting) based on magical materials such as conductive threads, thermo-chromic inks and artificial muscles.

本書は、素材に着目したフィジカルコンピューティングの入門書です。テクノロジーありきでデザインを考えるのではなく、ものづくりで当たり前に考えるべき「素材への眼差し」を、インタラクティブなモノの設計に導入しようという試みです。マテリアルコンピューティングとは、手芸・工芸・絵画・カリグラフィなどの職人的技法と、フィジカルコンピューティングやクリエイティブコーディングなどの新しい技術を、素材を触媒として高度な美意識の上に調和を試みる行為と言えます。

LEARNING THE NATURE OF MATERIALS

素材と電子工作を融合する作法を学ぶ

本書は以下の読者を想定して書かれました。

Assumed readers include,

TABLE OF CONTENTS

目次

INTRODUCTION

はじめに

1 RIZE OF MATERIAL COMPUTING
1.1 Materiality and Interaction
1.2 Material Computing around the World
1.3 Open Source and Material Computing
Column : The Law of Shizu-chan

第1章 マテリアルコンピューティングの胎動
1.1 素材性とインタラクション
1.2 世界中で注目を集めるマテリアルコンピューティング
1.3 オープンソースとマテリアルコンピューティング
|コラム|しずちゃんの法則

2 MATERIALS AND TOOLS
2.1 Magical Materials
2.2 Tools
2.3 How to Get Materials and Tools
Column : Manufacturing and Philosophy

第2章 素材と道具
2.1 魔法の素材
2.2 道具
2.3 素材と道具の入手
|コラム|ものづくりと哲学

3 DESIGN PROCESS / DESIGN LANGUAGE
3.1 Design Process
3.2 Materiality
3.3 Composition
3.4 Programmability
3.5 Materialization
3.6 Scalability
3.7 Passive and Active - Controllability
Column : Matter and Information

第3章 デザインの手順と言語
3.1 デザインプロセス
3.2 素材性に着目する―Materiality
3.3 素材のコンポジション―Composition
3.4 プログラマビリティを与える―Programmability
3.5 概念を物質化する―Materialization
3.6 多様なスケールに展開する―Scalability
3.7 PassiveとActive―Controllability
|コラム|モノと情報

- Those who want to start physical computing. Those who are interested in the possibility of representation than its technical aspects in particular - Designers who would like to prototyping the interaction and product using special composite materials
- Architect who want to make design models with kinetic mechanisms
- Artists who want to spread their wings in the world of material
The detail of the programming and the theory of electricity are not described well. Instead this book is focusing on the understanding through the production. The readers can learn the nature of thermo-chromic materials and conductive materials, how to use these materials in their projects.

・フィジカルコンピューティングを始めたい方。 特にその技術的側面よりも表現の可能性に興味をもっている方 ・フィジカルコンピューティングを始めたい方。特にその技術的側面よりも表現の可能性に興味をもっている方
・デザイナー。特に特殊な複合素材を用いたプロダクトやインタラクションをプロトタイピングしてみたい方
・建築家。特にキネティックな仕組みを持った模型やデザインインターフェイスを作ってみたい方
・素材の世界に翼を広げたいアーティスト
本書は電気の理論やプログラミングの話には深入りせず、製作を通した理解の促進に重きを置いています。専門性を求める方は中途半端な印象を持たれるかもしれませんが、本書を導入としてさらに専門的な書籍に手を伸ばして欲しいと思います。

4 USING CHROMIC MATERIALS
4.1 Chromism and Chromic Materials
4.2 Thermochromic Inks and Photochromic Inks
4.3 Interaction with Outer Environment
Column : The Best Place to Put Yourself

第4章 クロミック素材を使う
4.1 変色原理とクロミック素材
4.2 サーモクロミックインクとフォトクロミックインク
4.3 環境とのインタラクション
|コラム|我が身の置き場所

5 ARDUINO AND PROGRAMMABLE MATERIALS
5.1 Introduction to Arduino
5.2 Animating Textiles
5.3 Animating Paintings
Column : Technology, Philosophy and Methodology

第5章 Arduinoを用いた素材の変色
5.1 Arduino入門
5.2 アニメーションするテキスタイル
5.3 アニメーションする絵画
|コラム|Technology, Philosophy and Methodology

6 DIALOGUE BETWEEN DIGITAL AND PHYSICAL
6.1 Designing GUI - Controlling Materials with Processing
6.2 Design Materials - Materializing Bezier Surfaces
6.3 SNS Materials - Ambient Devices connected to Twitter
6.4 Sound Materials - Connecting Pure Data and Fabric Sensors

第6章 デジタルとフィジカルの対話
6.1 GUIを作る―Processingによるマテリアルの制御
6.2 デザインツールを作る―変形する布とベジェ曲面の同期
6.3 SNSとつながるマテリアルを作る―Twitterと連動するアンビエントデバイス
6.4 布のセンサとPdを用いたサウンドデバイスを作る

INTERVIEW
- Kotaro Watanabe
- Shunji Yamanaka
- Hiroya Tanaka
- Hide Ogawa

Interview
・渡邉康太郎
・山中俊治
・田中浩也
・小川秀明

EPILOGUE

おわりに

BOOK & GOODS

- Access to Materials on >BNN (Publisher's Site)
- Typo Fixes > MaterialComputing.cc
- Access to Materials Kit > SWITCH SCIENCE
- BNN新社 書籍紹介サイト > Access to Materials
- 特設サイト(誤字修正等) > MaterialComputing.cc
- Access to Materials キット > スイッチサイエンス

EVENT

- Samsung Japan CMF Workshop, Organized by Naoki Sakai(Water Design), Tokyo, Oct.9, 2013.
- Material Computing Workshop, SCI-Arc Tokyo Studio, Organized by John N Born (SCI-Arc), Chikara Inamura (Sasaki and Partners), Makoto Watanabe (Hosei University) and Akira Wakita (Keio University, SFC), Jun.17-21, 2013. > workshop video (vimeo)
- 「素材からのデザイン思考」 脇田 玲 x 渡邉 康太郎 トークイベント, 青山ブックセンター本店, 2013年6月23日.
- 「ファブリケーションとマテリアライゼーションのこれから」 脇田 玲 × 田中 浩也 トークイベント, ジュンク堂書店池袋本店, 2013年7月23日

PRESS

- Tatsuya Kaiho and Akira Wakita, Electronic Origami with the Color-Changing Function, to appear in 2nd Workshop on Smart Material Interfaces (SMI 2013), Sydney, Dec.12, 2013. > SMI 2013
- 海宝竜也, 脇田玲, Origamic I/O device: 機能性インクを用いた色彩制御可能な折り紙, 情報処理学会 第31回 エンタテイメントコンピューティング研究会, 2014/3/15.

ACKNOWLEDGEMENT

Hisakazu Hada, Manuel Kretzer, Leah Buechley, Jie Qi, Philip Beasley, Marcin Ignac, Kotaro Watanabe, Shunji Yamanaka, Hiroya Tanaka, Hide Ogawa, Hiroaki Chiyokura, and Pierre Bézier.

DESIGN TEAM

Author : Akira Wakita
Editor : Junichi Murata (BNN)
Designer : Arata Maruyama (&Form)
Photographer : Tomoe Suzuki, Toru Watanabe

著者 : 脇田 玲
編集 : 村田 純一 (BNN)
デザイン : 丸山 新 (&Form)
撮影 : 鈴木 悌絵, 渡邉 徹